食育に関する資格について

食育というのは、食に関するあらゆることを育むことを言うそうで、健康的な生活が送れるようにするための食の知識を学ぶことや、伝統的な食文化を学ぶことなど、食に関するあらゆることを学ぶことが当てはまるそうです。

以前は、このような言葉をあまり聞かなかったように思いますから、最近になって作られた造語かと思いましたが、かなり以前からあった言葉だそうで、明治時代にある作家が、連載小説の中で食育という言葉を使ったのが最初だそうです。

その著書の中で、子供には、知育や徳育、体育などよりも優先するべきものだと述べているそうです。

最近は、学校教育の中でも取り入れられるようになったそうですし、健康のために食事に注意を払う人も増えてきていると思いますから、食について学ぼうと思う人がどんどん増えているようです。

食について学ぶと共に、食に関する資格の収得を目指す人も増えているようです。

食に関する資格も、以前からあったものに加えて、食育に関する新しい資格がいろいろとあるようです。

食育というのは、食に関するあらゆることを学ぶことを言うそうですから、それに関する資格というといろいろなものがあるようです。

国家資格ではなく、いろいろな一般の財団法人などが認定するもののようですから、かなり多くのものがあるようです。

難易度についても、いろいろなものがあるようで、初心者でも少し勉強すれば取得できるようなものもあるようですし、食の分野でプロフェショナルも目指す人が取得を目指すような難しいものもあるようです。

また、食育に関する幅広い知識があることを認定するものもたくさんありますが、高齢者のための介護食に関するものや、美容や健康に重点が置かれているもの、薬膳に重点を置いたもの、食材選びに重点を置いたものなど、特定の分野について知識があることを認定する資格もいろいろとあるようですから、自分の目的にあったものを選んで取得を目指すことができるようになっているようです。

食育のことや、それに関する資格のことについては、こちらのサイトが参考になると思います。

食育の資格取得について